40代におすすめの洗い流さないトリートメント人気ランキング

40代の髪の悩みを洗い流さないトリートメントでケアする3つのメリット

洗い流さないトリートメント40代

40代になって髪が以前のようじゃなくなった・・・

 

なんで??

 

特に雨の日なんか最悪。広がってまとまりがつかない。うねりが出てくる。ぺったんこ。

 

すっごく憂鬱。変なくせが出るんです。ぜんぜん決まらない。

 

いつもの変わらずシャンプー、トリートメントをしているのにおかしいな。

 

 

よーくみると、「うねうね」とうねっている髪の毛が増えている。触るとデコボコしてる髪。

 

以前はこんなになかったのに・・・。

 

 

実は年齢を重ねるにつれて髪の毛も変化します。

 

うねりも増えるし、くせ毛っぽくなるんです。髪もパサパサ。

 

 

 

今までのお手入れをしてもヘアスタイルが決まらないんです。

 

パサパサ髪になってしまうと、急に若々しさがなくなり、見た目が老けて見える。

 

いまは、見た目年齢がマイナス5歳が当たり前だといわれているので、老けて見られるのはは絶対にイヤ!

 

そんな方におすすめなのは洗い流さないトリートメント!使うといいメリット3つはコチラ!

 

 

「パサパサ・ギシギシ」年齢特有の髪の悩みを改善

40代に差し掛かると、気になってくる「髪のパサパサ」「ごわつき」「うねり・くせ」がありますが、洗い流さないタイプのトリートメントだと、これが解決されるんです。

 

洗い流さないトリートメントに使わている成分が、髪に浸透して髪がしっとりするので、髪の手触りもぐんと良くなります。毛先にもつやが出ます。

 

髪の傷みが気になっているけど、何のケアをしたらいいかわからない女性って実は多いんですが、洗い流さないトリートメントを使うようになって改善された方が多いです。

 

 

洗い流さないから長時間補修成分が髪に浸透

シャンプーのあとにつかうトリートメント(コンディショナー)だと濡れている状態にしか使えないし、洗い流してしまうので、成分もすべてではありませんが落ちます。残っているものもありますが。

 

じゃあ、洗い流さなくてもいいの?と思うかもしれませんが、洗い流すタイプはちゃんと洗い流さないと肌と髪に負担がかかってしまいます。

 

その点、洗い流さないトリートメントはつけたらままでOK。

 

補修成分が髪についた状態が長時間キープできるので、髪の傷みを補修して、髪にボリュームを与えて、しっとりサラサラにしてくれます。

 

 

日常生活のダメージから髪を効果的に守れる。

普段の生活の中で、髪は多くのダメージを受けています。見えないだけで・・。

 

タバコや紫外線、ほこりなど、髪が痛む原因はさまざまです。

 

洗い流さないトリートメントは、言葉のとおり、つけた後洗い流しません。

 

なので、トリートメント成分が髪に浸透するので、外部からのダメージからも髪を守ることができます。

 

洗い流さないトリートメントの利点はいつでも使えることですよね。

 

髪の毛ってやっぱり乾燥しやすいですから「あ、パサついてるな。うねりがでてきたな」と思ったらササッとぬればOKです。ゴワゴワしていた髪も収まりますし、毛先にもつやが出てきます。

 

風が強い日や日差しが強い日など、こまめに塗りなおせるのがいいですね。

 

 

 

 

40代におすすめの洗い流さないトリートメントの選び方

洗い流さないトリートメント40代

◎くせ毛・パサパサ髪・コシ対策に補修成分が入っているもの
◎保湿力の高いクリームタイプがおすすめ
◎髪や肌にやさしいノンシリコンタイプ

 

 

ここでは、洗い流さないトリートメントの選び方を紹介します。

 

洗い流さないトリートメントと言ってもいろんな種類がありますからね。

 

 

くせ毛・パサパサ髪・コシ対策に補修成分が入っているもの

特に、40代以降のくせ毛、うねり対策ですから、

 

髪に必要な保湿成分をたっぷり与えてくれて

 

なおかつ

 

美容成分でハリやコシを与えてくれる

 

洗い流さないトリートメントがおすすめです。

 

うねりやくせ毛が気になったり、髪のパサつきが気になる場合は、毛髪補修作用が入っている洗い流さないトリートメントを選ぶのがおすすめです。

 

 

保湿力の高いクリームタイプがおすすめ

ヘアオイルやヘアミストなどありますが、

 

クリームタイプの洗い流さないトリートメントが一番おすすめの理由は

 

一番保湿力が高いからです。

 

保湿力が高いと、パサついた髪をしっとりさせたり、髪の広がり防止に効果があります。

 

また、お風呂上がりの髪が濡れた状態でヘアクリームをつけると、髪の内部まで浸透して毛髪の補修もしてくれます。

 

つけすぎたらべとついてしまうオイルタイプと違って、量の調整が難しくないのがいい!

 

パサついてる場合、髪が多い場合はオイルタイプがいいという方もいますが、クリームタイプの方が水分量が多い分しっとりサラサラになります。

 

洗い流さないトリートメントで髪の1本1本をていねいにコーティングして、髪に栄養を補給するので触り心地も良くなります。もちろんまとまりやすくなります。

 

 

髪や肌にやさしいノンシリコンタイプ

 

ノンシリコンタイプであること。

 

なぜなら、40代になるにつれて肌が弱くなる方が多いんです。

 

今まで使っていた化粧品が合わなくなったという相談も多いんですよ。

 

理由は肌の免疫力も下がってきていることがあります。

 

なので、髪にも肌にもやさしい成分で作られている洗い流さないトリートメントがおすすめです。

 

肌が敏感な方はシリコンが入ってるものが肌に合わない場合があるので、ノンシリコンタイプはうれしいんですよね。

 

 

だからといって、成分を手抜きしてるんじゃなくて

 

しっかりツヤやコシを出してくれる。

 

紫外線予防する

 

ほこりが髪につきにくくする

 

そんな洗い流さないトリートメントがいいですね。

 

 

 

40代におすすめの洗い流さないトリートメントランキング

リシリッチ

リシリッチ

 

40代からの髪のための洗い流さないトリートメントのリシリッチです。

 

「保湿力」や「髪の補修力」ってのがおすすめポイントなんですが

 

「潤い成分であるヒアルロン酸を、3種類配合してる!」

 

ってのも、この保湿力の高さの秘密です。

 

あと、うねりやくせ毛の人にもうれしい、ドライヤーの熱で補修する成分「γ−ドコサラクトン」を配合。

 

頭皮がかぶれやすかったり、肌が弱い人にもやさしいノンシリコンなのですが、シリコンの代わりに指どおりの良くなる成分が配合されているので、ドライヤー前につけるだけで指どおりが良くなって、指に絡まりにくく、髪の毛も抜けにくい!

 

紫外線やホコリ、ニオイなどからも髪を守ってくれ、傷みにくい髪を作ってくれ、無添加でノンシリコンですから、これが入っているものを避けている方にとっては、使い勝手の良い洗い流さないトリートメントになります。香りも柑橘系でさわやかですよ。

 

初回は、まずお試しサイズで試せます。

 

無料サンプル付きで全額返金保証もついてて安心です。

 

 

 

ラスティーク

 

贅沢な成分で補修と保湿がどちらもできる洗い流さないトリートメント

 

ダメージヘアを補修する濃密美容液「ヘアセラム」、10種の厳選成分で髪の芯まで保湿する「ヘアクリーム」のプレミアムヘアケアセットです。

 

美容液セラムとヘアクリームがセットになっていて、パーマで痛んだ髪を補修しながら、きれいにパーマが出るようにしっかり保湿してくれます。

 

一つ買ったら2〜3か月使えるからコスパも抜群♪今ならセットで780円割引のキャンペーン中なので試すならチャンスですよ♪

 

※クレジット払い&コンビニ後払いも可能です。

 

 

ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン+

ミルボン

 

髪のタイプ別にそろっているタイプ。
この赤いタイプは髪の毛が太い人用です。

 

保湿成分としてバオバブエキス・アクアコラーゲン、毛髪補修成分としてCMADK(羊毛ケラチン)などを配合。
柔らかでふわっとした質感の、扱いやすいツヤ髪に仕上げます。

 

香りは甘ふんわり甘いですね。好みが別れそうです。

 

 

ジョンマスターオーガニック R&A ヘアミルク

ジョンマスターオーガニック R&A ヘアミルク

 

保湿成分として、ダマスクバラ花水・アプリコット種子などを配合されていて、

 

アンズ核油が枝毛や傷みを保湿、補修、保護します。

 

ライトで軽いテクスチャーながら、しっとりとうるおう使い心地。髪にうるおいを与えて枝毛や切毛を防ぎ、サラサラのツヤ髪に仕上げます。

 

 

40代の洗い流さないトリートメントで一番のおすすめはリシリッチ!

リシリッチ

40代になって、髪がパサパサ、髪がうねって癖毛がひどい・・など「エイジング髪」に悩んでいるなら私はリシリッチをおすすめします。

 

何よりも40代からの女性の髪の悩みにあわせて作られているのがポイント。
必要な美容成分をこれでもか!!とたっぷり配合されています。
(後ろの成分表示をみてびっくりすると思います笑)

 

しかも、最近肌が弱くて今まで使っていたヘアアイテムが合わなくなってきた方にもうれしい無添加&ノンシリコン仕様。

 

クリームタイプだけど、つけすぎてもべたつかず、さらっと仕上がります。

 

リシリッチは、まずお試し価格&お試しサイズで試すことができますし、お試しサイズなのに関わらず返金保証もついているので手軽に試しやすいです。

 

年齢を感じさせないハリのあるしっとりまとまった髪に。

 

 

 

 

洗い流さないトリートメントの正しい使い方

 

「洗い流さないトリートメントってどうやって使ったらいいの?」

 

ここでは正しい洗い流さないトリートメントの使い方をご紹介します。

 

シャンプーの後、タオルで水気をとる

 

あんまりガシガシこすると髪の毛が痛む原因になるので、なるべくタオルで髪の毛を挟んで水分を取るようにしましょう。

 

 

洗い流さないトリートメントを付ける

 

1、洗い流さないトリートメントを手の平に伸ばす
手のひらで伸ばしてトリートメントを温めます。

 

2、毛先中心につける
左手で右側の毛の内側に付けるとつけやすいです。毛先中心につけます。頭皮近くにつけると、時間が経つとべたつきの原因になるのでつけないようにしましょう。

 

3、粗目のクシやブラシでコーミング
髪の毛全体にしっかりなじむように、粗目のブラシなどを使って髪をといてなじませましょう。

 

 

ドライヤーで髪を乾かす

 

髪の毛はなるべくすぐに乾かすのが髪の毛を傷めないポイントです。

 

自然乾燥は絶対におすすめできません。

 

理由は、濡れている間は髪の毛のキューティクルが開いたままになっています。放置している間に、開いたキューティクルから水分がどんどん蒸発しています。

 

髪の毛を乾かすことで早くキューティクルを閉じることが大切です。

 

生乾きのままだと、髪の毛同士が摩擦で傷んでしまいますよ。

 

髪のうねりやくせ毛で悩んでいるなら、髪の乾かし方も大切です。

 

キューティクルの流れに逆らわずに、根元から毛先へと流すようにドライヤーをあてましょう。

 

 

 

くせが出ない髪の乾かし方。ドライヤーの当て方が重要

 

ドライヤーの使い方次第で、髪は今よりくせが収まって、さらにつやつやにできます。

 

ドライヤーですぐに乾かすことで、髪の内部に水分をしっかり閉じ込めることができるからなんです。

 

毛先は細くて自然と乾いていきますから、あえてドライヤーを当てなくても大丈夫です。乾かすのは髪の根元です。15cm以上は離してくださいね。

 

とはいえ、長時間、同じ場所にドライヤーを当てているのはよくありませんから、さっとすませましょう。

 

風を当てる時には根元に当てるようにします。

 

キューティクルの流れに沿って乾かすとツヤが出るので、頭の上からドライヤーの風を当てます。

 

そして、最後は冷風をあてます。

 

髪を9割くらい乾かしたら、残りは冷風で髪を落ち着かせる、ということです。キューティクルに形状記憶させるためです。

 

最後まで温風を当て続けるとそれはそれで髪がパサつく原因になるので、締めを冷風にするんです。そうすると髪のツヤも増しますし、水分をしっかり閉じ込めることが出来ます。

 

そして軽くブラッシングをして髪を整えたら出来上がり。これを毎日続けることで、髪のパサつきはおさえられると思います。

 

 

40代になってくると洗い流さないトリートメントが必要になる理由

 

40代に差し掛かると急に髪質が変わってきます。

 

原因として、

 

まず、加齢による女性ホルモンの減少があります。

 

髪の成長や皮脂の分泌にはホルモンが大きく関わっているため、女性ホルモンが減少しはじめると、抜け毛や薄毛が起こったり、ハリやコシ、ツヤがなくなったります。

 

あとは

 

生活習慣だったり
紫外線ダメージだったり
パーマーやヘアカラーだったり

 

髪が痛んでキューティクルが開くために、髪の中の水分が減ってしまうのが原因です。

 

つまり、髪の乾燥ですね。

 

 

年齢のために女性ホルモンが減るのは仕方がないとして、

 

外側からのダメージで髪にくせが出るようにするのは少しでも減らしたいです。

 

 

なぜなら、髪の毛はすでに死んでいる細胞なので髪の毛自体に修復する力がないからです。

 

一度痛むと治せません。自分の力では。切るしかないです。

 

なので、傷めないようにする。あるいは、痛みが今以上に進まないようにヘアケアをすることが必要なんです。

 

 

 

今以上にくせ毛がでないようにして、今あるくせ毛を改善するためには

 

 

髪が乾燥しているからなので保湿できるシャンプーにかえること。

 

髪の毛が傷めば痛むほどうねりがキツクなるので、傷ませない為に、毎日ドライヤーで完全に髪の毛が乾くまで、乾かし切ること。

 

そして洗い流さないトリートメントで、最後は髪の毛を保護してあげること。

 

 

が大切です。

 

 

年齢による髪の衰えは誰にでもやってきます。

 

ただ、なにもしないでいるのと毎日少しずつでも意識してケアするのでは5年後10年後の見た目にずいぶんと大きな差がついてきます。

 

シャンプー、ドライヤー、洗い流さないトリートメントなど毎日できることを重点的にやっていくのが一番の近道ではないかと思います。

 

 

そして、その中でも、洗い流さないトリートメントは普段生活する中でのダメージを減らすために必須です。

 

 

肌に化粧水や美容液を塗って保湿し、保護するように、髪の毛も保湿して保護することが大切。

 

 

なので、

 

洗い流さないトリートメントで

 

ドライヤーで乾かす前に。

 

外出前に。

 

使うことで髪の毛を補修ケアしてくせ毛を改善していきましょう。

 

 

 

洗い流さないトリートメント クリームとオイルの違いは?

 

洗い流さないトリートメントには大きく分けて

 

オイルタイプ
クリームタイプ(ミルク)
ジェルタイプ
スプレータイプ

 

などありますが、代表的なのはオイルタイプとクリームタイプになります。

 

 

洗い流さないトリートメントのクリームタイプとオイルタイプってあるけど違いは何?
自分の髪に合うタイプってどっち?

 

これは洗い流さないトリートメントを選ぶ前に多くの人が思う疑問です。

 

洗い流さないトリートメントは他にもミストタイプやジェルタイプなどありますが、人気が高いのはこのクリームとオイルの2タイプ。

 

大きな違いは得られる質感が違うことですね。

 

ここではそれぞれの特徴やメリットデメリットをご紹介します。

 

自分の髪の状態に合わせて使い分けるのもありですよ〜。

 

 

洗い流さないトリートメントのクリームタイプの特徴

 

【クリームタイプの洗い流さないトリートメントの特徴】
保湿力が高い
毛髪の修復成分が高い

 

【クリームタイプがおすすめの髪のタイプ】
乾燥などで髪が広がる、まとまらない髪や傷みに悩む人
髪の毛が多い人や長い人
ダメージがありパサパサの毛先に悩んでる人

 

クリームタイプは、保湿力が高く毛髪の修復成分も高く、仕上がりもしっとりまとまってくれるので、

 

乾燥で毛先がパサパサ、髪がまとまらないと悩む人におすすめです。

 

また髪の毛が多い人や長い人はクリームだと伸びが良いので塗りやすいという点があります。

 

その反面オイルが少ないので熱から髪の毛を守る効果が少なく、ドライヤーやヘアアイロン前のトリートメントとしてはあまり向きません。

 

ですから、ドライヤーで乾かす時に少量使用して乾かした後、仕上げにまた使うことをおすすめします。

 

髪によくなじんでサラッとするので、オイルのべたつきが苦手な人も抵抗なく使えます。

 

 

 

洗い流さないトリートメントのオイルタイプの特徴

 

【オイルタイプの洗い流さないトリートメントの特徴】
しっとりするよりサラサラの質感
ツヤ感がでる
つけすぎるとべた付きがでやすい

 

【オイルタイプがおすすめの髪のタイプ】
キューティクルのダメージをこれ以上広げたくない
ボリュームダウンしたい人
ツヤを出したい人

 

オイルタイプは、ドライヤーやアイロンの熱から髪の毛を守る効果が高く、髪を補修するというよりもオイルで、

 

髪をボリュームダウンしたい方、髪にツヤを出したい人はおすすめです。

 

仕上がりは、しっとりするよりサラサラの質感になります。

 

髪が乾燥するのを防いだり、髪に塗っておくことで静電気防止にもなります。

 

ただ、経験のある方もいらっしゃるかと思いますが、オイルは塗りすぎるとベタベタ感がすごいです。

 

なので、コツとしては、髪が濡れた状態の時につけることと、最初からつけすぎずに様子をみてちょっとずつ足していくことです。

 

 

クリームタイプとオイルタイプを併用するのも効果的

 

結局、クリームタイプとオイルタイプってどっちがいいんだろう?

 

と迷うと思います。わかります。私も迷いましたから。

 

でも、実際に使ってみたらわかりますが

 

クリームタイプの中でも入っている成分によって使った感じは違うんですよね。

 

オイルタイプもしかり。

 

髪質や悩んでいることも人それぞれですしね。

 

自分に合うものはやはり、いろんなものを使ってみて初めて解ることが多いです。

 

あと、絶対1種類の洗い流さないトリートメントを使わなきゃいけないということではなくて、

 

クリームタイプを毛先につけてから全体にオイル系のものをつける方法もあります。

 

毛先もやわらかくなりツヤも出ますよ。

 

オイルタイプをパサつきの気になる部分に重ねつけって感じです。

 

気になるものはどんどん試して自分にあった洗い流さないトリートメントを見つけてくださいね。

 

 

肌が敏感肌なら洗い流さないトリートメントに配合されてる成分に注意

洗い流さないトリートメント40代

洗い流さないトリートメントに入っている界面活性剤の種類

 

界面活性剤自体はすべて悪いわけではなく
石油系界面活性剤を注意する必要があります。

 

なぜなら、肌への刺激が強いために肌トラブルが起こる原因になるからです。

 

 

特に「ラウリル硫酸系」は避けましょう。
選ぶのなら天然系の界面活性剤がいいですね。

 

あと肌が敏感な人の場合
香料などの添加物が肌荒れの原因になったりするので

 

サンプルなどで試して肌荒れやニキビができないかチェックするといいと思います。

 

 

洗い流さないトリートメントはノンシリコンがおすすめ

 

シリコン自体が悪いものということではありませんのであしからず。医療の現場でも使われている素材ですし。

 

そして、シリコン(シリコーン)そのものは毛髪や皮膚などに悪影響を与える事はありません。

 

ですが、シリコンが原因で肌にトラブルがでる方もいます。

 

なので40代になって今までのヘアケア商品が合わないなと思ったら、シリコン配合なのかチェックしてみましょう。

 

ノンシリコン商品を使うようになって、肌のトラブルが減ったという方は多いです。

 

また、もう一つのデメリットとして、シリコンが長い期間、髪の表面に残っていると、シリコンが蓄積されて頭皮や髪がベタベタしてしまうんです。

 

ですからシリコンが入っているものを使うときは、つけたその日のうちにシャンプーでしっかり落とすのが原則です。

 

肌に特に異常がなければシリコン入りのシャンプーやトリートメントを使っても良いとは思います。

 

でも、洗い流さないトリートメントは必ずノンシリコンがいいです。

 

なぜなら、シャンプー、トリートメント、洗い流さないトリートメントの全部にシリコンが含まれていると、髪の表面に巨力な皮膜ができます。

 

それを一度のシャンプーで取り除くことは難しいです。

 

シリコンが残っていると、ずっと頭皮を覆っている状態になります。

 

そうなると、いくら補修成分を髪につけても浸透しなくなるんです。髪のパサつきが改善しないどころか、嫌なべたつきがでてきます。
髪をきれいにするためにすることが逆効果になるということなんです。

 

なので最初はシリコンの見せかけのツルツル感触で
「うわ、この洗い流さないトリートメントすごいいいじゃん♪」
と思っていても、ずっと使っていくと髪に栄養が浸透しなくなってしまうので

 

 

髪が何だかパサついてきた・・
ゴワゴワしてる
コシがなくなってきた
髪がいつもべたついてる・・・

 

 

となるんですよね。

 

ですから、最後につける洗い流さないトリートメントはノンシリコンがいいですよ。

 

あと保湿成分やダメージ補修成分もりいいものを使っているかチェックしてくださいね。

 

page top